ホルモンバランスを整え、緩和することは期待できます

ソボクな疑問に答えます

みなさまからの質問に 宮崎都城ヨガスタジオリンデン代表の さき がお答えします!

心の奥のモヤを晴らして、ヨガある暮らしを楽しみましょう。


Question
生理前のPMS症状に悩んでいます。ヨガで治りますか?


Answer
普段の自分でいられない不安感がありますよね。
医師ではないので、PMSをヨガで治せるとお伝えすることはできません。
とはいえ、症状を緩和する可能性も高いのでその理由をご説明いたします。


PMSの症状としては、精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。(参考:公益社団法人 日本産科婦人科学会

私は、気分が落ち込むような症状はありませんが、過食からくる消化力の低下・肌荒れを実感しています。

皆さんはいかがでしょうか?

PMSの原因については解明されておらず、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

ヨガは医療行為ではないので、治ると断言することはできません。

ですが、ホルモン作用がPMSの原因であれば、ヨガで緩和する可能性は高いと思います。


🕊生物学的から考えて

ホルモンバランスをヨガで整えることは可能です。

それは、神経系(自律神経)と内分泌系(ホルモン)は繋がっているためです。

ヨガのポーズと呼吸法は神経系を整える作用があります。

ヨガによって、自律神経が整えば、ホルモンバランスも整うという式です!

よって、ヨガでPMSにアプローチできる可能性はあります。




🕊脳科学的に考えて

脳には「現実」と信じた環境を維持する機能があります。

つまり、自分の理想が現実であるように脳を騙せば、脳はその嘘を実現させるということです。

極論から言うと、元気で健康なPMSに悩まない自分の姿を脳に刷り込めば、未来は描き変わると言うわけですね。

なんだか夢のような話ですが、脳科学のお話しです。
瞑想やヨガ哲学でアプローチできそうですね。


===============

これらのことから、ヨガでPMSを治せるとは言い切れないと思っています。
PMSの原因がホルモンバランスの乱れとも断言できません。

とはいえ、PMS症状を緩和する可能性はありそうですね^^

私が生理日前後にあまり気分が変動しないのも、日々のヨガのおかげかもしれません。


ヨガを深めたい方、ヨガ講師を目指すなら、都城唯一のRYT200養成講座がおすすめ




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 40C4F7EC-EDC5-4371-AAC3-7501A538AC04-2.png

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布