ヨガスタジオへ行くと、さまざまなスタイルのヨガがありますね。

私がお伝えしているのはOMYOGAスタイルです。
この記事ではヨガの全体像をまとめながらご紹介していきます。

①・ヨガ = ポーズ ではない
②・OMYOGAとは


🕊①ヨガ = ポーズ ではない

ヨガは、心地よく暮らすための心と身体の鍛錬法です。

苦しみから解脱するために瞑想をすることが ”ヨガ” の始まりで、瞑想を深める心の強さを鍛えるために哲学があり、瞑想姿勢を続ける身体の強さを鍛えるためにポーズが出来たと言われています。

ヨガ=ポーズ に限ったものではないんですね。

代表的なヨガスタイルにはこのようなものがあります。

・ラージャヨガ(王者のヨガ)
ー最も古典的なヨガであり、瞑想に特化したものです。

・カルマヨガ(奉仕のヨガ)
ー見返りを求めずに善行を積む行為のヨガ、マザーテレサが実践していました。

・バクティヨガ(愛のヨガ)
ー神様を信じるヨガです。一番実践者が多いとされています。

・ジュニャーナヨガ(知恵のヨガ)
ー教典から学び、叡智を取り入れることで精神面を整えるヨガです。

・ハタヨガ(動くヨガ)
ー心と身体を呼吸によってつなぎ、心身を鍛えるヨガです。
ハ=太陽(陽),タ=月(陰)を意味し、相反するものをつなげることを目指します。マットの上で動くほとんどのヨガのベースになっているヨガです。

🕊②OMYOGA

OMYOGAは私が取り入れているスタイルです。
伝統的なヨガに加えて、医師監修のもと最新の科学的根拠を取り入れることで、安全で効果的なヨガスタイルを確立させています。

今回は、ポーズにおけるOMYOGAらしさを紹介します。

【OMYOGAのポーズには”骨の位置の目安”があります】

これが最大の特徴です。

そもそも人の身体は十人十色なので、同じようには動きません。
ポーズを真似しようと無理をしては身体を痛める原因にもなります。

OMYOGAでは、まずポーズが何を目的としているのかを明確にしています。

次に、その目的に必要な身体の動き(骨や関節の位置)に着目します。
目的とした効果を発揮するために、骨の位置を最適化しながらポーズを深めていきます。

例えば、ウッターナアーサナ/前屈のポーズの目的は ”股関節を引き込むことです。


OMYOGAでは 効果的に股関節を引き込むための、適切な骨の位置を目視できる指標があります。

股関節の引き込みが大切なので、膝を無理にのばす必要はありません。
つま先に指先がつかなくても問題ありません。

無理に膝を伸ばすことは、危険性も高いです。
膝の筋を過剰に伸ばしすぎてしまい痛めることもあります。
股関節の引き込みが不十分で つま先に手をつけることを優先すると、腰が丸まり、腰痛や肩こりを誘発する可能性もあるのです。

柔軟性や筋力は個人差がありますが、骨・関節の正しい位置に個人差はありません。
骨と関節のズレが痛みの原因や筋力・柔軟性低下の原因にもなります。

身体の深層部の位置を整えることは重要です。

OMYOGAスタイルでは、骨という深層部の位置を調整した後に、各々の柔軟性や筋力を発揮させてポーズを深めるます。なので、安全でヨガの効果を高めることができるのです。

私がOMYOGAを取り入れるのは、指導するにあたって怪我を防げるという点と、ひとりひとりの身体に合わせて、最大限にポーズを深めることが可能だからです。そこには無限の自由と解放感が広がっています。

ヨガのスタイルについて、少しスッキリしましたでしょうか?
それぞれに良さがありますので、色々なスタイルを体験することがおすすめです。吸収するうちに自分なりのヨガが必ず確立していきます。それは年齢や体調や季節によって、変化していくものです。

その変化を楽しめるようになると、ヨガが自分のものになり、生活にも自然に根ざしてくると思います。

学びを吸収して、心身が自由に表現し始めるのを待つのは幸せな感覚です。



🕊宮崎県で唯一OMYOGAカリキュラムが学べる

ヨガスタジオリンデンではOMYOGAスタイルを学びながら、ヨガ講師資格を取得できます。
RYT200全米ヨガアライアンス

ー 未経験初心者でもゼロから学んで、ヨガ講師へ ー

詳細ページはこちら

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布