宮崎都城 ヨガスタジオリンデンのさきです。

突然ですが「ヨガって何?」 
そう尋ねられたらどのように答えますか?


今日は「ヨガ」という言葉の由来についてご紹介します。



🕊カラダとココロと精神をつなぐ

ヨガという言葉は、サンスクリット語の “ユジュ” が由来です。
「つなぐ」「結びつける」という意味が込められた言葉です。


ヴァガヴァッド・ギーターというヨガの経典には、
ヨガとは『馬にくびき(ハーネスのようなもの)をかけるように心身を制御する』と馬車の様子に例えられています。



図解するとこんな感じです。


それぞれ表しているものがあります。

  • 馬 ・・・五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)と5つの運動器官(手/授受器官・足/移動器官・生殖器・排泄器官・発語器官)
  • 手綱 ・・・意志/思考、感情(
  • 御者 ( ドライバー )  ・・・記憶/知性、理性(
  • 馬主・・・真我/ほんとうの自分(精神
  • 馬車 ・・・
  • 道 ・・・人生
  • 天気・・・外的な刺激


    この例えでは、ココロ・カラダ・精神が互いに影響しながら、人生という道を進んでいることを教えてくれます。


馬主(精神)とドライバー(心)の意見が一致しないと、行き先が定まらず道(人生)に迷います。


天気(外的な刺激)を受けて、馬(五感)は暴走します。
馬をなだめて真っ直ぐ進むには、手綱(意志/心)を上手く使うことが重要です。


手綱を上手く使い、馬を制御するには知恵が必要です。
賢いドライバー(記憶/知性、理性(心))であれば、困難な道(人生)に差し掛かったとしても、うまく乗り越えられるでしょう。


馬車(体)を引っ張る役者が揃っても、車体が錆びていると思うように進みません。

このように、ココロ・カラダ・精神が互いに影響しながら繋がっています。



🕊バラバラになる、ココロとカラダと精神

本来、ココロ・カラダ・精神は一つのものとヨガでは考えられています。


とはいえ、ストレスや固定概念でバラバラになることがありませんか?



「頭が真っ白になった」とか「気がついたら〇〇していた」

「やめたいのにやめられない」「したくないけど、立場があるからやらないといけない」など。


自分の意思が働かない時、ありますよね。


心って、捉えようがなくて
苦しんだり、もがいたり、傷ついたり…
幸せや喜びを感じるだけでなく、暴れ回るものです。



まさに心は暴れ馬のよう、刺激があると荒れ狂います。



思うようにいかないとき、人は苦しみます。

本心と、行動のギャップが大きい分だけ葛藤がうまれるからです。
ヨガの教えは、その苦しみから解放するためにあります。



暴れ馬を落ち着かせ、自分自身でコントロールするテクニックがヨガの教えに込められています。
わがままに生きるコツではなく、周りと調和しながら自己を整えていく愛あるテクニックです。


それが、ココロ・カラダ・精神 を繋ぐことです。



バラバラになったそれらを一つに戻し、調和に向かいます。
その過程で、生き難さや苦しみが減り、本来の穏やかな姿が戻ってきます。

具体的にどんなテクニックがあるの?というと
呼吸法や瞑想、ポーズ、哲学、思想などから学べます。


少しずつではありますが、レッスンにおいてもご紹介いたしますね。
深く学びたい方には養成講座をお勧めいたします。

▶︎レッスン予約はこちら

▶︎養成講座詳細はこちら



ヨガある暮らしで、心地よさをつむいでいきましょう。

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布