宮崎都城 ヨガスタジオリンデンの 畠山さきです。


今回はインドの神様についてご紹介します!
ガネーシャです!








インド・ネパール・バリ島などを旅すると、至る所にガネーシャいます。
とても大事にされていることがわかります。

ガネーシャ祭り(ガネーシャ・チャトルティ)はインド3大祭の1つであり、2021年は9月10日だそうです。



ガネーシャは、豊穣や知識、商業の神様です。
長い鼻で行く道すべての障害を取り除いて、成功を与えてくれると信仰されています。

ヨガクラスでは、練習が順調に進むよう「ガネーシャマントラ」を最初に唱えたりします。



ガネーシャの姿はとってもユニークですよね。

4本の腕をもつ太鼓腹の人間の身体に、片方の牙が折れた象の頭をもっています。
ネズミに乗って移動します。


ところで、どうして象の頭をしているかご存じですか?


理由は複数の神話が存在しますが、一番有名なものをご紹介します。



ガネーシャ誕生物語 ざっくり解説

昔々あるところに神様の夫婦がいました。

女性の神様は、パールヴァティー。
男性の神様は、シヴァというヒンドゥー教において最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人です。



ある時、シヴァが外回りへ、パールヴァティーは沐浴をしていました


パールヴァティーが身体を洗っていると、垢がたくさん出てきました。
そこで、その垢を集めて人形をつくって命を吹き込むことにしました

命が吹き込まれた垢人形は、ガネーシャと名付けられ、パールヴァティーの息子となりました。(!)



パールヴァティーは沐浴中に怪しいものが寄らないよう、ガネーシャに見張りを頼みます。




そこに帰ってきたのが夫、シヴァでした。


シヴァはガネーシャの存在を知りません。
ガネーシャもシヴァの存在を知りません。


自宅に入ろうとするシヴァをガネーシャは母の言いつけどおりに拒みます。

すると、見知らぬ者に自宅への入室を拒まれたシヴァは大激怒。


ガネーシャの首を切り落としてしまいました。(え!)

さらに、その首を遠くへ投げ捨ててしまいました。(え!!))

ガネーシャがいないことに気がついたパールヴァティーはシヴァを咎めます。

「彼はあなたの息子です!首を探してきてください!」



シヴァはガネーシャの首を探しますが見つかりません。

仕方がないので、出会い頭の象の首を落として持ち帰ることにしました。(えーー!!!)



自宅へ戻りガネーシャの体に、象の首を取り付けます。

すると、命がやどり無事にガネーシャは復活することができました。(・・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


い、いかがでしょうか?

ツッコミどころ満載のインド神話です。



神様も怒ったり悲しんだり、エゴを捨てられなかったり、すごく身近な存在に感じませんか?
インド神話は、世界の神話との共通点も多くとても興味深いです。



インド神話の本はスタジオに置いてあります。
次回予約のある方には貸し出し可能なのでお声がけくださいませ。




ヨガを深めたい方、ヨガ講師を目指すなら、都城唯一のRYT200養成講座がおすすめ

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布