宮崎 都城ヨガスタジオリンデン代表の さき です。

今日は古くからインドに伝わる、有名な例え話をご紹介します。

私はこの例え話がヨガや心理学と似ているなと感じています。
もちろん何を感じるかは自由です。

どんな環境でも、穏やかに心地よく過ごすテクニックがヨガの教えです。

そのために、心をコントロールしていきます。

では、心とはいったい何なのでしょうか?

わかるようでわかりにくい、そんな”ココロ” を探求していきましょう。


🕊認識している心と、認識できていない真我

早速ですが、インドの古い例え話を紹介します。

これは湖のイラストです。
湖はを表しています。

心と一括りにしましたが、波が立つような水面と、深層に別れます。


外側からの刺激(図では天気)によって、心には動きが生じます。
それが図で言うと、になります。



日常に例えると、「子どもから嫌いと言われた〜」や「仕事が急になくなった」や「楽しみにしていた旅行の日に土砂降り」などが外側の刺激です。

それは時に、大きな波となり、前を見えなくさせたり、嵐のようにコントロールが効かないこともあります。
渦中にいると大変苦しいですよね。



そのようなとき、湖の底はどのような様子と思いますか?

外側からの刺激で、波で立ち、湖は一見荒れているように見えます。

ところが、湖の底では穏やかな世界が広がっているものです。
ゆっくりのんびり、いつもと変わらぬ静けさがそこにはあります。
荒れているのは波があるからで、湖全体が荒れているわけではありません。

湖の底はいつも平穏なのです。


この例え話には、心地よく生きるためのエッセンスが詰まっています。

・自分にはいつも穏やかな本当の自分が存在すること
・心の動きは、一時的なものであること
・外側の刺激は変えられないが、受け取り方を変えることはできる

などなど。
他にもたくさん読み取れるのではないかと思います^^

あなたは何を感じましたか?

ヨガの哲学と思想は5,000年ほど前から続くとされます。
それなのにクリアで、ピュアで、斬新で、新鮮であり続けています。




もっと詳しく知りたい方には、養成講座がおすすめ

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布