宮崎都城 ヨガスタジオリンデンの 畠山さきです。

今日はチャクラについて解説します。
歴史古典解釈と現代解釈について、双方の考え方を説明していきます。

🕊歴史古典解釈


一説によると、チャクラとは心身のエネルギーが出入りするところと言われます。
エネルギーのコントロールセンターですね。


それぞれのチャクラは特的の特定の箇所に影響をもたらすとされ、チャクラの状態は心身へ影響を与えると考えられます。

チャクラの数は明確にされていませんが、主要なチャクラは7つという説が有名です。

1 ムーラダーラチャクラ

2 スワディシュターナチャクラ

3 マニプーラチャクラ

4 アナーハタチャクラ

5 ヴィシュッダチャクラ

6 アージュニャーチャクラ

7 サハスラーラチャクラ

以下のイラストにそれぞれのチャクラの場所、作用、色について記載しております。





🕊現代解釈

そもそもチャクラが何かというと、エネルギーが集まるところでした。
現代解釈でいうと身体と心を動かすエネルギー(ホルモン・神経・栄養)が流れるのは、血管や神経やリンパ管のことで、脈管と呼ばれます。

言い換えると、脈管が集まるところにエネルギーが集まるというわけです。

このことから、現代解説では、チャクラとは「神経叢」や「神経節」ではないかと言われています。

以下イラストが神経節の場所です。
神経が集まって網状になるところを神経叢と言います。

その現代解釈が示す場所と歴史古典で伝わるチャクラの場所はほぼ一致します。

今回はここまでにしておきます。

どの説を選ぶのかは人それぞれで良いし、その時々に信じるものを調節しながらアレンジするのも良いですね。

チャクラについては、瞑想中に集中するよき目印となります。

そこにあるかの様にイメージして、集中してみると意識が向かいやすいですよ。



ヨガを深めたい方、ヨガ講師を目指すなら、都城唯一のRYT200養成講座がおすすめ

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布