こだわるのはポーズの型ではなく、力の向き

ソボクな疑問に答えます

みなさまからの質問に 宮崎都城ヨガスタジオリンデン代表の さき がお答えします!

心の奥のモヤを晴らして、ヨガある暮らしを楽しみましょう。


Question
体が硬くて、同じポーズになりません涙!


Answer
同じ形にならないことは問題ではありません。
関節や骨に負担をかけないよう「力の向き」があっていれば大丈夫です。

それができれば、無理なく上達していきます。

人の身体は個体差があり、同じようには動きません。

身体の癖や、スポーツ経験の有無によって、柔軟性や骨格が異なるからです。

手本となるポーズを真似ようと無理をしては身体を痛める原因にもなります。

ポーズの完成形に近づくことを目指すのであれば、次の2つを優先してみると上達が経験上はやいです。


1:身体に負担のない動かし方をすること

2:力の方向性を合わせること

特に2の力の方向性を合わせることが有効です。

自然の法則である引力をヒントに、身体の体幹軸を感じ取ってみましょう。

上に伸びるためには、大地を強く押す力を。
片側に伸びるには、反対側へも押し出す力を。

このように力の方向性を拮抗させるよう意識してみてください。

力の方向性がよくわからない場合は、呼吸に聞いてみると良いですね。
呼吸が心地よくできていれば概ね合っています。

感覚ではなく個々の身体に合わせたポーズを正確かつ安全に導く力をつけたい方は、養成講座も検討してみてくださいね。養成講座のご案内はこちら

自分のためのヨガも、誰かに伝えるヨガも、どちらにも心地よさはあります。

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布