宮崎都城 ヨガスタジオリンデンの 畠山さきです。

”鼻から吸って〜”
”鼻から吐いて〜”



このように 鼻呼吸がヨガの基本呼吸です。

この記事は、鼻呼吸をするメリットについてご紹介します。

🕊①吸気の加温、加湿、浄化作用


鼻には、吸い込んだ空気を適切な温度と湿度に調整する機能があります。

加温・加湿されていない空気を吸うと気道や肺の粘膜を傷つける可能性があるので、鼻呼吸は身体に負担をかけない働きをします。
口呼吸では鼻呼吸と同等の加温加湿ができないので、口を開けて寝ていると、喉が乾燥することがありますね。

また、鼻毛は天然のフィルターとも言われ、外気中に含まれる有毒ガスやホコリが体内に入り込むのを防いでいます。口呼吸ではウイルスをそのまま取り込んでしまうので、風邪予防にも鼻呼吸が推奨されています。




🕊②一酸化窒素による、気道の殺菌・肺酸素化能の改善

鼻の中では一酸化窒素がつくられます。

それが外気をともに気道に流れることで、殺菌機能や肺の酸素を取り入れる能力を高める効果が認められています。




🕊③横隔膜の活動を活発にする

鼻から息を吸う事によって、横隔膜の運動が活発になります。

これは鼻ー横隔膜反射と言われ、鼻粘膜の受動態が刺激されることで横隔膜の活動を増進する反射のことです。

横隔膜が柔軟に上下することで、深い呼吸が可能になります。

ところが、横隔膜がガチガチに凝り固まっている方も多いそうです。
その場合、深呼吸をしようとしても残念ながら出来ないんです。

そうならないためにも、日頃から横隔膜の動きを活性化させる鼻呼吸を取り入れたいものです。



===================================

鼻呼吸が苦しい時もあるでしょうから、無理せずできる範囲で鼻呼吸にする時間を増やしていきたいですね。



ヨガを深めたい方、ヨガ講師を目指すなら、都城唯一のRYT200養成講座がおすすめ

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布