宮崎都城 ヨガスタジオリンデンの 畠山さきです。

ヨガ資格の取得を決意したら、次は資格スクール選びですね。

時間も費用もかかる国際資格ですので、自分に合うスクールを探しましょう。


今回はチェックした方が良いポイントをご案内します。




🕊ティーチング方法、クラスの作り方を教えてくれるのか




ヨガを誰かに伝える立場を目指すなら、ヨガクラスを一人でつくりあげる力が必要です。

そこに必要な知識は、
・ポーズの誘導方法
・アジャスト(調整方法)
・呼吸や瞑想の誘導方法
・クラスのつくり方のテクニック  が最低限必要です。

スクールの中には、指導法を学ぶ時間が少ない場合もあります。


講師を目指すのであれば、どの範囲まで指導法が学べるのかチェックしておきましょう。





🕊実践する時間はあるのか?



RYT200は200時間分の学習と決まっているのですが、その基準や時間配分はスクールごとに異なります。


ビデオ視聴で完結するスクール、ヨガクラスを楽しむバカンスのようなスクールもあります。
楽しいのは何よりですが、知識のインプットだけに止まるスクールには注意してください。


実践してこそ疑問が沸き、壁にぶつかり、それを乗り越えることで成長があります。

卒業後、前向きにデビューするためにも、養成講座中にたくさんの実践の場を設けて自信をつけていきましょう!



🕊質問しやすい環境かどうか



講座中にふと疑問が湧いた時、一つ一つクリアにしたいですね。

それが可能かどうかも大切なポイントです。

対面受講なのか、受講定員数は多すぎないか、講師は受講生を認識しているのかについて確認してみてください。






🕊スクールの特徴は何か




RYT200であれば、ヨガ哲学や歴史、思想、ポーズ、瞑想、呼吸法など体系的に学ぶことが可能です。

とはいえ、スクールにも担当講師にも個性があります。
ヨガ哲学を重視したり、ポーズが西洋基準なのか東洋基準なのかなど細かい差が生じます。


これはどれが優れている、ではありません。

学びたいと思えるスクールを選ぶ一つの確認ポイントにしてみてください。



===================================



いかがでしたか?

ヨガスクールを探している方のお役になっていれば幸いです。


ちなみにヨガスタジオリンデンのRYT200養成講座の特徴は、解剖学に強いことです。
日本唯一の医師監修を終えたテキストを使用しております。

ヨガのポーズが心に作用するために、まずは身体に無理ないよう、解剖学の視点でポーズをつくることができるようになります。

誰かにヨガのポーズを伝えるときも、怪我をさせず効果を高める誘導に役立つテクニックです。



担当講師の特徴はスピリチュアルを科学で紐解くことが好きで、脳科学や物理学を引用することが多いです。


身体についても心についても、見えないものを信じる可能性を大切に、エビデンスのあることは透明性ある情報をお伝えすることを心がけています。

ヨガを深めたい方、ヨガ講師を目指すなら、都城唯一のRYT200養成講座がおすすめ

The following two tabs change content below.
ヨガスタジオリンデン代表/神奈川 茅ヶ崎出身、宮崎 都城在住/医療関係者に定評あるヨガスタイル(OMYOGA)は、日常にいきる機能的な身体の使い方が身につくと好評。舞の表現力を生かした身体の細部に意識をめぐらす誘導で、感じる力を高めるクラスを得意とする。 無理なく自分に向き合え、豊かさをつむぐことのできるヨガの可能性を信じ、ヨガ講師となる。日本では数少ない全米資格RYT500の保持者であり、ヨガ講師の育成にも力を入れている。 ♢好き/アジア旅行、スパイス、シーズー、建築、ミールス、ごま昆布